【ジャカルタ】金融庁(OJK)の投資ウォッチタスクフォースは105無資格なソーシャルレンディングや99無資格な投資プラットフォームを発見した。その違法なソーシャルレンディングはコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の影響を受けた経済の部分的が原因だと考える。

「彼等はニーズを満たすお金を必要とし、経済的困難を抱える人々を対象とします。これらの違法な貸し手は携帯電話の全連絡先へのアクセスを要求しながら、高金利や短期ローン期間を設定する為、大変危険な存在です。データは漏らされることが出来、借り手を支払うよう、脅す為利用される為、危険です。」と2020年7月3日(金)、投資ウォッチタスクフォース所長、Tongam L. Tobing氏はプレスリリースに述べた。

2018年以降、タスクフォースは2,591違法なソーシャルレンディングを取り扱っており、99無資格な貸し手の営業を停止した。

Tobing氏によると、異常な高収益を申込む事により投資安全保障に関する人々の知見不足を搾り取る違法な貸し手の危険さに関する懸念があるそうである。「これらの多くの貸し手は穏当な認可証で営業すると言う印象を見せる為、認可証を持っている会社のウェブサイトを重複します。」とTobing氏は述べた。

99違法な会社の中に87社は定期取引サービスを提供し、2社は直接販売に従事し、3社は違法な暗号通貨投資を提供し、3社は現金投資を提供する。 (NR/LK/MS)