【シンガポール】United Overseas Bank (UOB) LtdやAccenture plcやDun & Bradstreet Corpが行われた新調査は東南アジア越し小事業がコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間に運営上活動を支援する為、技術に頼ると発見した。

アセアンの1,000小事業を関わるその調査において、タイは71%、2020年、技術投資を優先する最高の対応者数を持っており、インドネシア(65%)、ベトナム(63%)、シンガポール(60%)、マレーシア(59%)が続いた。

UOBの事業銀行業グループ所長、Lawrence Loh氏によると、経済や事業や社会的様相に与えられたCOVID-19の世界的流行の影響は運営上持続的可能を維持する為、技術の重要さを強調表示しているそうである。

「COVID-19の結果として彼等の運営分裂に処し、これらの多くの企業は技術が事業に対する差を起こせられると速く思い至りました。」と2020年7月1日(水)、IDNFinancials.comが受取った公式声明にLoh氏は述べた。

「事業モデルを興すか、それとも運営を変形するか、小事業は長期実行可能性や競争力を確保する為、技術に向くことによりその世界的流行が起こされた変更に応じております」。

その調査によると、技術はアセアンの小事業のキャッシュフローを管理する重要な役割でも演じ、81%の対応者はデジタルソリューションが効果的なキャッシュフロー管理方法だと考えている。

「より敏捷で将来においても有効になる為、デジタル変形に注力する小事業は加速な見返りを見るはずです。」とアクセンチュアの東南アジア専務取締役、Divyesh Vithlani氏は付け加えた。

「これらの技術投資は小事業はこの辺りにおける国にとって岩盤や成長機関の為、重要となります。よって、COVID-19の後、興す中小企業はアセアン経済の加速な回復の為、根本的になるでしょう」。 (NR/MS)