【ジャカルタ】Bank Indonesiaの2020年6月の消費者調査は<100であっても、経済状況に対する消費者信頼感が向上し続けると示した。それは77.8の2020年5月に比べ、2020年6月、83.8伸びた消費者信頼感指数に示された。

その消費者信頼感は支出レベルや年齢グループカテゴリーによる答弁者の全カテゴリー向上に監視された。空間的に、調査された14都会における増えた消費者信頼感指数は最高に向上した消費者信頼感指数を持っているマトラム市、ジャカルタ市やサマリンダ市が続いた。

向上した消費者楽観はインドネシアにおけるCOVID-19の世界的流行の緩和の予測につれて、次の6ヶ月以内に経済状況予測に関する強力な消費者予測の為、主にひきおこされた。

強化する予想面において、次の6ヶ月以内に増加した事業活動の予測拡張が主に支援された。一方、現下の経済情勢の消費者知覚は耐久消費財購入に関する消費者楽観の減少が主に引き起こされ、未だに低く、低迷し続けると監視される。 (NR/LM)