【ジャカルタ】ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領は今年、温室効果ガス放出量を26%、2030年まで、29%に削減するインドネシアのコミットメントを再度強調した。その為、政府は炭素排出を削減する為、一緒に協力するセクターの為、法律的な資格や刺激施策を用意している。

それはジョコウィ氏が2020年7月6日(月)、開催された温室効果ガスを削減するインドネシア−ノルウェー協調の有限会合で述べられた。ジョコウィ氏によると、全当事者は温室効果ガス削減目標を達成する為、関わって貰うそうである。

「その規制は既に完成されるべきであり、利害関係者用刺激を含む資金調達制度は考慮されなければならなく、我々はその炭素規制が実に2020年に26%かつ2030年に29%の温室効果ガス削減の目標を達成する事に大きな影響があると確保しなければなりません。」とジョコウィ氏は述べた。

ジョコウィ氏がインドネシアは批准された気候変動条約によって、炭素排出を工業と輸送セクターから0.11%、廃棄物から0.32%、農業から0.13%、エネルギーから11%、林業から17.2%に削減せざるを得ないと語った。 (NR/LK/AR)