【ジャカルタ】国営建設会社、PT Hutama Karya (Persero)は資本構造を向上し、トランス−スマトラ有料道路プロジェクト発展を再開する為、Rp 3.5 trillionの追加資本を受取った。

その追加資本は国家自己資本の形に与えられ、2020年7月6日、ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領が締結されたPT Hutama Karyaの株式に対するインドネシア共和国の国家自己資本に関する政令No. 32/2020に規定される。

「その追加国家自己資本は2020年国家予算によるものです。」とウィドド氏はその規制に書いた。

その規制において、ウィドド氏がその国家自己資本はHutama Karyaの資本構造を向上し、トランス−スマトラ有料道路を再開する運用量を向上する為、与えられたとも語った。

CNN Indonesiaが報告されたように、以前、政府は国営電気企業、PT PLN (Persero)及び金融サービス企業、PT Permodalan Nasional Madani (Persero)にRp 5 trillionの追加資本を既に提供した。 (NR/MS)