【ジャカルタ】COVID-19の世界的流行は観光業は約Rp 70 trillionを損失させた。

インドネシアホテルレストラン協会(PHRI)の会長、Hariyadi Sukamdani氏はその世界的流行が始めて以来、2,000軒以上のホテルや8,000軒のレストランは営業を停留したと説明した。

Hariyadi氏によると、ホテルはRp 30 trillionを、レストランはRp 40 trillionを損失したそうである。本日(2020年7月14日)開催された衆議院第10委員会の観光回復に関する運営委員会と公聴会における、Hariyadi氏がホテルやレストランだけではなく、航空業もUS$ 812 millionを、ツアーオペレーターもRp 4 trillionを損失したとも語った。

Hariyadi氏が観光セクターの下がった需要は大規模社会的制限(PSBB)やインドネシアにおけるCOVID-19の不良な取り扱いを含む様々な要因が原因であったと断言した。 (NR/AM/AR)