【ジャカルタ】政府はインドネシアを世界中の上位5位魚輸出国にする為、海老の生産や輸出を増やそうとしている。その為、追加の海老養殖場センターやその他の支援設備は必要とされる。

調整海上資源審議官、Safri Burhanuddin氏がその目標は支援設備を増やす努力がなく、達成出来ないと語った。「海老生産を増やす努力は品質や数量面において持続可能にならなければなりません。」と2020年7月15日(水)、プレスリリースから引用されたように、アチェの海老池センターに訪問している間にBurhanuddin氏は述べた。

その訪問は技術調整会合及び国家海老生産向上作業部会を始める努力であった。アチェにおける18,000ヘクタールの大規模海老池は設けられ、その生産率はヘクタール当たり5トンに達成出来る事を目指される。

Burhanuddin氏によると、池面積の拡張は水や餌管理の適切な技術を実装するなど池激化に伴われなければならないそうである。その上、海老農家は廃棄物管理の様相に注意を支払う必要がある。 (NR/LK/AR)