【ジャカルタ】通商省はカナダの輸入業者とインドネシアの幾つかの加工食料や香辛料の輸出業者のビジネスマッチングを容易にする。ビジネスマッチングは伸び悩む輸出の間に売買を高める為、年末まで、4セッションに行われる。

国家輸出発展の総局長、Kasan氏が輸出は大規模社会的制限(PSBB)の実装の為、課題に直面していると考える。「原料供給者を含む多くの輸出先が課されたロックダウン施策はインドネシアの加工飲食品の輸出精を冷めません。」と2020年7月17日(金)、Kasan氏は公開されたプレスリリースに述べた。

Kasan氏によると、インドネシアの加工飲食品は市場が非常に必要とされているそうである。したがって、輸出業績が伸び続ける為、真剣な努力を必要とされる。

通商大臣、Kasan氏がカナダ輸入業者への売買開拓に参加する各事業のプロフィールを表した。よって、輸出者と輸入者は当日のイベント前、コミュニケーションを築かれると語った。 (NR/LK/AR)