【ジャカルタ】インドネシア政府は塊状な石油輸入の為、貿易収支赤字の間にサウジアラビアへの飲食料品の輸出を高めようとしている。

ジェッダにインドネシア共和国の総領事、Eko Hartono氏がサウジアラビアはインドネシアから商品にとって潜在的輸出市場であると語った。「事業者はインドネシアの代表者と伝達することにより輸出市場契機を活発に求められるよう、期待されます。」と公式声明を通し、Hartono氏は述べた。

同じ機会に、同じ事は国家輸出発展の総局長、Kasan氏が述べられた。彼がサウジアラビアは中東地域にインドネシア製品輸出の入口としてだと考慮した。「サウジアラビアは着目される必要がある専属市場です。」とKasan氏は述べた。

2020年1月〜5月、インドネシアとサウジアラビアの間の売買額はUS$ 1.81 billion、17.86%減少した。(NR/KR/AR)