BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 488

-2 (-0,41%)

【ジャカルタ】ジャカルタ国立弁護士事務所調査官はPT Bank Bukopin Tbk (BBKP)のスラバヤ支社の一般調査に関わった間にRp 7.45 billionのローンファシリティーの形の贈賄を受取る疑いに関して、「DIW」と言うイニシャルとして知られる金融庁(OJK)を引止めた。

「調査はサレンバ刑務所の法務長官府に次の20日間以内に容疑者を引止めます。」と2020年7月21日(火)、Antaraから引用されたように、公式声明にジャカルタ国立弁護士、Asri Agung Putra氏は述べた。

Putra氏によると、2019年にDIW氏は金融庁(OJK)の第3銀行業副監査役が取り締まれる第1銀行監修部の第1専門監事グループの執行監事として務めたそうである。容量的にDIW氏はBank Bukopinの一般調査チーム会員であった。

その事件において、DIW氏は2018年12月31日にBank Bukopiのスラバヤ支社の調査確認マトリクスの5名債務者の標本抽出に入れなかったと疑われる。

「その容疑者はBank BukopinからRp 7.45 billionのローンの形の贈賄を受取った為、金融庁(OJK)の本社に報告しませんでした。」とPutra氏は述べた。(NR/MS)