ジャカルタ-児童教育セクターのテクノロジースタートアップであるKiddo.idは、PTから正式に初期資金を調達しました。 OCBC NISPVenturaが事業開発をサポートします。この資金は、インドネシアの教育市場におけるKiddo.idの地位を強化するために使用されます。特に、12歳までの幼児教育に使用されます。

Kiddo.idは、0〜12歳の子供向けの教育プラットフォームとして、パートナーと協力して子供の活動を組織し、親が子供の可能性に応じて活動を選択しやすくすることで、何百万人ものインドネシアの子供たちの質の高い活動の選択肢を充実させています。 Kiddo.idは、ワークショップ、コース、子供の成長と発達のためのサポート活動の形での活動を通じて、インドネシアの子供たちが早い段階で潜在能力を最大限に発揮できるように励ますことができると確信しています。

Kiddo.idの共同創設者兼CEOであるAnaliaTan氏は、次のように述べています。「インドネシアは2045年までに100歳になり、現在0〜12歳であるインドネシアの人口の3分の1は、25年後には生産的な労働年齢のピーク。彼らは国の将来のリーダーであり、これは彼らがグローバルに競争できるように彼らの可能性を最大化するのを助けるための最高の瞬間です。」

以前、Kiddo.idは、アルメニア市とロンドン市で資金提供とビジネストレーニングを受けた研究技術省/ BRINによって選ばれたテクノロジースタートアップの1つでした。 (LM / PW)