ジャカルタ-東南アジアのデジタルベースの旅行およびライフスタイルサービスの大手テクノロジープロバイダーであるTravelokaは、スカルノハッタ国際空港エリアのCOVID-19ドライブスルーラピッドテストサービスを通じて、現在のユーザーのニーズに対応する便利さとソリューションを再び提供します。チェンカレンのスワルナビジネスパークにあります。

このサービスにより、ユーザー、特に航空機の乗客は、COVID-19の発生の拡大を減らすために、飛行直前にテストを実施することにより、政府が要求する渡航文書の要件を完了することができます。ユーザーは、2020年7月23日以降、Travelokaアプリケーション、Webサイト、およびモバイルWebを介して、Traveloka Xperience in Travel Complementary製品カテゴリ(Travel Essentials)からこのサービスにアクセスできます。

「私たちは、インドネシアで初めてラピッドテストCOVID-19ドライブスルーサービスを提供する旅行およびライフスタイル予約プラットフォームであることを誇りに思います。空港に非常に近い場所に位置し、将来の乗客はトラベロカを通じてラピッドテストドライブスルー予約を手配できます。その後、フライトスケジュールと同じ日付を決定します」とTravelokaの輸送部門のマーケティング責任者であるAndhiniPutri氏は述べています。

COVID-19ドライブスルーラピッドテストサービスは、TravelokaでRp150,000の開始価格で利用できます。テスト結果を見つけるのに必要な時間は最大約15分で、印刷されたレター形式で配信されます。それだけでなく、ユーザーは旅行中の個人用保護具として使用できる無料のKN95マスクも入手できるため、COVID-19の蔓延を最小限に抑えるためにユーザーの保護を強化できます。 (LM / PW)