TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 1.325

+25 (+1,89%)

【ジャカルタ】2020年上期、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)はRp 2.57 trillionの収入を、Rp 2.22 trillionの金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)を記録した。その2020年第2四半期の前年比の実績を使用する場合、その収入はRp 5.26 trillionに、その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)はRp 4.55 trillionに及んだ。

「我々は2020年上期、元々、370の電気通信サイト、2,147の配置を含む2,517の粗借用を追加しました。当社の電気通信顧客が緻密化や4Gネットワークを拡張するにつれて、テナント比率を1.96に向上させた配置に関する強力な需要があると分かりました。」とTBIGの最高経営責任者(CEO )、Hardi Wijaya Liong氏は述べた。

2020年6月30日まで、当社は31,039名テナントかつ15,893の電気通信サイトを持っている。その電気通信サイトは15,772の電気通信塔及び121のDASネットワークを含んでいる。塔サイトの塔テナント数は30,918、そのテナント比率は1.85の2019年末に比べ、2020年上期、1.96に伸びた。 (NR/LM)