【ジャカルタ】国営企業大臣、Erick Thohir氏がPT Bio Farma (Persero)は年末、2億5,000万線量のCOVID-19ワクチンを生産出来ると語った。

それはThohir氏が2020年8月4日(火)に西ジャワのバンドンにおけるBio Farmaの生産設備に訪問した時、述べられた。同じ機会にThohir氏は中国から来た生物製剤会社であるSinovacやEijkman生体分子研究所と一緒にBio Farmaが行われたCOVID-19ワクチンの第3段階治験の覚悟も見直した。

「我々は今、年毎に1億線量のCOVID-19ワクチンを、年末、その2億5,000万線量を生産する準備が出来ております。」とThohir氏は述べた。

その上、Thohir氏がインドネシア政府はCOVID-19ワクチン調進を優先していると付け加えた。COVID-19の取扱国家経済回復委員会の幹事としても務める省庁がBiofarmaは1980年以降、様々なワクチンを生産していると語った。

「我々は来年、国民が直に接種されることが出来るよう、治験やCOVID-19ワクチン生産を最大化しております。」とThohir氏は述べた。 (NR/KR/AR)