【ジャカルタ】インドネシアの外貨準備は2020年7月まで、US$3.4 billionを記録され、US$131.7 billionの2020年6月に比べ、増加した。

公式声明において、Bank Indonesia (BI)がそのずかはグローバル債券の発行や国債降ろしが原因であったと語った。

2020年7月の外貨準備の位置は輸入の9ヶ月の融資や8.6ヶ月の輸入や政府対外債務の支払いに等しい。又、その数字は3ヶ月の輸入の国際適切統一基準以上である。

BIがインドネシアの外貨準備は外部回復力を支援し、マクロ経済や金融システム安定性を維持する為、十分であったと断言する。その上、その外貨準備は経済成長を高める幾つかの施策対応につれて、うまく維持された経済安定性や見通しが支援することによって、適切に留まるとも展望する。 (NR/AM/MS)