【ジャカルタ】商品配達サービス提供業者、AnterajaはBisnisAjaプラットフォームを通し、2020年末まで、BトゥBプラットフォームから1,000名の顧客を目指している。

そのプラットフォームはBトゥB配達サービスを必要とする企業顧客を対象とされる。以前、Anteraja電子商取引セグメントや個人向け配達を提供する事に主に注力した。

「BisnisAjaを通し、AnterajaはBトゥBセグメントからの顧客を仕えるよう、期待されます。2020年末まで、BisnisAjaプラットフォームは1,000名の顧客を仕える事を目指されます。」と2020年8月7日(金)にIDNFinancials.comが受取った公式声明にAnterajaの最高経営責任者(CEO)、Suyanto氏は述べた。

「BisnisAjaサービスは自動的分析配達費管理に企業顧客を容易にする為、BトゥBセグメントを対象とし、計器盤を通し、報告を提供することにより配達を監視しております」。

2020年中旬まで、Anterajaはインドネシアの幾つかの都会における240サービスポイントに8百万のパッケージを配達した。現在、4,000名以上のクーリエを雇い、毎日、150,000〜200,000の配達を行っている。 (NR/MS)