BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 488

-2 (-0,41%)

【ジャカルタ】フィッチ・レーティングスインドネシアは積極的な格付ウォッチ見通しを持っているPT Bank Bukopin Tbk (BBKP)の長期国家格付を「AA-」に格上した。

その格付は投資適格カテゴリー以下に低下し、債務を返済する当社の適切な能力を示す。Bank Bukopinの最高経営責任者(CEO)、Rivan Purwantono氏によると、その増える格付は業績を向上する当社をトリガーしていくそうである。

その上、Purwantono氏がその増える格付は現在、Bank Bukopinの33.9%株を所有しているKB Kookmin Bankと言う韓国会社からの大きな支援を示すとも語った。

「フィッチ・レーティングスが格上されたこの迅速な格付は積極的な格付を維持するだけではなく、当社の株主や利害関係者の為、最適な付加価値も提供し、我々にとって当社の業績を向上する触媒として仕えると積極的な一歩です。」と2020年8月10日(月)にCNN Indonesiaから引用されたように、Purwantono氏は述べた。

2020年7月に第5有限募集以降、Bank Bukopinの株主構成はKookmin Bank(33.9%)、PT Bosowa Corporindo(23.4%)、政府(6.37%)、インドネシア物流庁従業員協同組合又はKopelindo(36.3%)を含む5%以下の所有権を持っている公共投資家である。

2020年7月25日にBank BukopinはKookmin Bankが当社の支配株主になる株主割当発行を打上げる前、株主の承認を求める為、臨時株主総会を開催する予定である。 (NR/MS)