【ジャカルタ】PT Pertamina (Persero)は2030年まで、化石燃料の消費が激減すると予測する。

環境持続性に注力し始めている国々が増える為、その予測は2033年と言う以前の推定よりも早い。

「我々は以前、予測された2033年より、化石燃料の消費が2030年に激減していくと分かります。斯くて、新再生可能エネルギーに焦りに推移する必要があります。」とCNN Indonesiaが引用されたように、2020年8月11日(火)にPertaminaの最高経営責任者(CEO)、Nicke Widyawati氏は仮想会談で述べた。

Widyawati氏によると、新再生可能エネルギーへの推移はコロナウィルス(COVID-19)世界的流行が加速させられているそうである。現在、Pertaminaは遠距離配布の為、ガスを液化天然ガスに転換しようとしている。

それだけではなく、当社は国家エネルギー施策のグリーンエネルギーも見直している。「当社の国家エネルギー施策はオイルが左右されても、グリーンエネルギーと化石燃料の構成は50︰50となるでしょう。」とWidyawati氏は述べた。 (NR/MS)