【ジャカルタ】住宅不動産市場の成長は2020年第2四半期、低迷し続け、その売上は前年比、25.60%低下した。Bank Indonesia (BI)がその減速は第3四半期まで継続していくと予測する。

BIの調査によると、第2四半期の住宅不動産の価格指数は前年比、1.59%のみを記録され、前年比、1.68%の第1四半期に比べ、低下した。BIがその減速は第3四半期、継続され、その成長は1.19%のみであると予測されると2020年8月12日(水)にプレスリリースに述べた。

その調査は第2四半期の住宅不動産の売上は前年比、25.60%低下し、前年比、43.19%の第1四半期に比べ、低かったtと示す。その下がった売上は全ての住宅種類に発生した。

それだけではなく、その調査は住宅不動産発達の融資源は主に、67.67%の総資本額を記録した開発者の内部資金を含む非銀行によるものであった。顧客面において、78.41%の住宅不動産の購入は抵当ファシリティーを使用した。 (NR/AM/MS)