【タングラン】インドネシア航空庁(AirNav Indonesia)は実時間のデジタル飛行地図や図表を提供するアプリ、航空電子航空図(Nav-Earth)を打上げた。

「『Nav-Earth』アプリは正確な実時間に航空従事者に対する通知等や火山灰に対する通知等や航空気象と統合する航空情報や航空地図をアクセスする外部当事者を容易にさせるよう、期待されます。」と2020年8月11日(火)に国営企業省のウェブサイト上公式声明にインドネシア航空庁の最高経営責任者(CEO)、M. Pramintohadi氏は述べた。

Pramintohadi氏によると、そのアプリは統合されるプラットフォームの正確な情報を得るオペレーターを可能にする。その上、そのアプリは航空会社に代替経路に関する情報を提供出来る空域管理フィーチャーも持っているそうである。

Pramintohadi氏がこれから先、当社はインドネシアでドローン認可証や勧めや検証を容易にする為、ドローン管理システムサービスも提供すると語った。 (NR/MS)