【ロンドン】英国は2019年以降、公式的に初不況にある。その経済は2020年第2四半期、四半期比、20.4%低下した。

その低下は広がるコロナウィルス(COVID-19)を抑える為、店は強烈に命令された為、低迷する家計が主に影響された。

BBCが報告されたように、英国の財務大臣、Rishi Sunak氏が政府は「大変困難で不確実な時間」に「前代未聞である何かに取り組んでおります」と語った。

英国統計局によると、4月と6月の間に仕事を持っている人数は220,000名低下した一方で、政府の職業助成策略は10月後、終了される予定である。

「殆どの人々は職業助成策略がいつまでも継続性ではない事に合意すると思っております。」と2020年8月12日(水)にSunak氏は述べた。

22.7%の最悪の暴落を被っているスペインの次、英国の第2四半期の低下はヨーロッパの第2最高である。

Sunak氏が英国経済はサービスや持て成しや消費支出に注力する為、殆どの欧州連合諸国より、悪化したと主張した。

「それらのセクターは殆どの欧州諸国より、国の経済に大きな割前を持っております。」と彼は述べた。 (NR/MS)