IKAN - PT. Era Mandiri Cemerlang Tbk

Rp 73

0 (0%)

【ジャカルタ】加工魚製品を輸出する会社、PT Era Mandiri Cemerlang Tbk (IKAN)は2020年中、Rp 86.11 billionの契約額を目指している。その総契約額はアジアやヨーロッパなど諸国によるものである。

プレスリリースに報告されたように、アジアにおける当社の契約額はRp 21.21 billionを、アラブ首長国連邦における契約額はRp 110.26 millionを、米国における契約額はRp 52.93 billionを、ヨーロッパにおける契約額はRp 11.84 billionを目指される。

2020年第2四半期、当社は2019年第2四半期に比べ、27%低下した収入を記録した。一方、その利益は2019年第2四半期に比べ、2020年第2四半期、165%低下した。

「第2四半期の売上はCOVID-19の世界的流行の状況が強く影響されました。ほぼ当社の全輸出先は大幅に増えたCovid-19事件を記録しました。その結果、当社の売上は減少しました。」と2020年8月18日(火)にPT Era Mandiri Cemerlang Tbkの取締役社長、Johan Rose氏は述べた。

2020年に当社はRp 7.5 billionの設備投資を記録した。それは主に、ゴロンタロやジャカルタの地域における機械や設備を購入する為、使途される。 (NR/LM)