【ジャカルタ】国営空港運営業者、PT Angkasa Pura I (Persero)又はAP Iは政府による国家戦略プロジェクトとして分類される3つ空港の発展に独立融資を使途している。

その3つ空港はジョグジャカルタのクロンプロゴにおけるジョグジャカルタ国際空港、中部ジャワのスマランにおけるアフマドヤニ国際空港の新ターミナル及び南カリマンタンのバンジャルマシンにおけるシャムスディン・ヌール国際空港の新ターミナルである。

AP Iの最高経営責任者(CEO)、Faik Fahmi氏によると、その3つ空港は地域経済独立を向上し、国家の財政負担を軽減する為、独立的に融通されるそうである。

「その独立融資は内部資金や債券発行の使途です。」と2020年8月23日(日)に国営企業省のウェブサイト上に公式声明にFahmi氏は述べた。

「その上、Angkasa Pura Airportsは以前、政府が運用された空港を運営し、発展する為、割当てられる覚悟が出来ております」。

AP Iはジョグジャカルタ国際空港の発展の為、Rp 10.5 trillionを、アフマドヤニ国際空港の新ターミナルの為、Rp 2.075 trillionを、シャムスディン・ヌール国際空港の新ターミナルの為、Rp 2 trillionを費やした。

空港の発展や拡張に資金を提供する為、当社は2016年にRp 3 billionを持っているAngkasa Pura Airportsの第1債券と第1スクークを発行し、銀行やその他の金融機関からRp 5 trillionのローンを得た。

現在、AP Iが拡張されている他の空港は中部ジャワのソロにおけるアディスマルモ国際空港、東ジャワのスラバヤにおけるジュアンダ国際空港、西ヌサテンガラのロンボックにおけるロンボック国際空港、東ヌサテンガラのクパンにおけるエルタリ国際空港、南スラウェシのマカッサルにおけるスルタンハサヌディン国際空港、北スラウェシのマナドにおけるサムラトゥランギ国際空港及びマルクのアンボンにおけるパッティムラ国際空港である。 (NR/MS)