【ジャカルタ】2020年上期、Rp 11 trillionの損失を記録したPertaminaを引き起こさせた少なくとも3つ要因がある。

Pertaminaの金融担当重役、Emma Sri Martini氏がその3つ要因は下がった需要や米ドル為替相場の変更や低迷した世界の石油価格であったと語った。「重要は当社の収入に影響を大きく与えております。」と衆議院第7委員会との聴聞会でEmma氏は述べた。

Emma氏がその2つ要因は米ドル為替相場である。Pertaminaの財源は米ドルに記録される為であると更なる説明した。「為替差損の構成は当社の総損失の約30%〜40%に及びます。」とEmma氏は付け加えた。

一方、バレル当たりUS$ 63の2019年12月に比べ、2020年第2四半期、バレル当たりUS$ 19〜US$ 20に低迷した世界の石油価格は当社の収入に大きく貢献した上流セクターにも影響を与えた。

「上流セクターのマージンは約80%、当社の金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)への最大の貢献者です。」とEmma氏は付け加えた。 (NR/AM/AR)