SOHOはIPOから2,081.7億ルピアの新規資金をターゲットにしています

ジャカルタ-PTSoho Global Health Tbk(SOHO)は、1株あたり1,820ルピアの行使価格で114,380,700株の新規株式(IPO)を提供することにより、2081.7億ルピア相当の新規ファンドを狙っています。昨日(3/9)に行われたIPO期間中、SOHOの経営陣は来週(8/9)にインドネシア証券取引所(IDX)に株式を上場する予定でした。

金曜日(4/9)に引用された目論見書では、IPOと同時に、SOHOの経営陣は、最大50,000株の雇用株式配分(ESA)プログラム、経営インセンティブプラン(MIP)プログラム、 SOHOのコミッショナーおよび取締役会に対するカスケードクリークワラント。51,651,300株。そして、233,522,000部のCNMedisia変換がありました。

この企業行動からの収益からの資金は、ローンの形でPPGの作業モードとして完全に使用されます。任命された引受人はPTインドプレミアセクリタスです。

現在、SOHOの授権資本は1.43兆ルピアまたは2,863,512,156株です。一方、発行済資本金は3,579億3,000万ルピアで、所有権の構成は、Eng Liang Tan 68.04%、Giok Nio Tan 15.98%、Kin Nio Tan 15.98%でした。ポートフォリオの株式数は1.07兆ルピア、合計2,147,634,117株です。 (LK / PW)