MDKA - PT. Merdeka Copper Gold Tbk

Rp 2.340

-50 (-2,14%)

【ジャカルタ】PT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)が生産や運営上活動は東ジャワのバニュワンギにおけるトゥジュブキプロジェクトである採掘プロジェクトの一つと言う事故が影響される可能性があると発表した。

MDKAの会社秘書役、Adi Adriansyah Sjoekri氏が当社は先週の土曜日の朝、堆積浸出法パッド表面を発見したと語った。結果として、堆積浸出法パッドの前面に堆積された幾つかの粗金は沈没された。その粗金の動きは鉱区のパイプやポンプを傷んだ。

「最も重要な事はその事故が起こった時、現場にある従業員の死者や傷者はいなく、環境害を及ぼすことがありませんでした。」とインドネシア証券取引所のウェブサイト上に公開された情報開示を通し、Sjoekri氏は述べた。

Sjoekri氏がその事故は当社のキャッシュフローを破壊させると認めた。しかし、Sjoekri氏がMDKAはその事故が引き起こされた被害を埋め合わせる保険施策を持っていると語った。

現在、当社はその事故を分析し、将来的に同様な事故を防止する為、専門家と協力している。 (NR/KR/AR)