【ジャカルタ】工業省は国家経済に大きく貢献出来るよう、化学製品・医薬・繊維工業の業績を高め続ける。その為、政府と事業者の間の整合は決定された業績目標を達成する為、必要とされる。

「この間、我々は現行のCOVID-19の世界的流行の間に現場の実状況で2020年末まで、設定されていた化学製品・医薬・繊維工業セクターの業績目標に関する同期式活動を開催しました。」と2020年9月18日(金)にジャカルタで工業省の化学製品・医薬・繊維工業の総局、Muhammad Khayam氏は述べた。

Khayam氏が化学製品・医薬・繊維工業セクターの成長は2020年に0.40%を、2024年には5.3%を目指されると語った。一方、2020年の化学製品・医薬・繊維工業セクターの貢献は4.2%に加速される。その目標はCOVID-19の世界的流行の影響の為、工業発展を考慮されている。

又、Khayam氏が2020年第2四半期の輸出業績面において、化学製品・医薬・繊維工業セクターはUS$ 14.59 billionを貢献し、その投資実現はIDR 20.06 trillionの外資、IDR 12.33 trillionの国内投資を含むIDR 32.39 trillionを超えたと説明した。

COVID-19の世界的流行の間に、政府は国内工業を強化する努力を続ける。行われる様々な政策は工業省は2020年まで、輸入を35%に削減する事を含んでいる。 (NR/LM)