【ジャカルタ】衆議院第11委員会は2021年の年予算に観光創造的経済省の為のRp 4.9 trillionの基準額を承認した。

承認されたその金額は2021年の年予算の為、観光創造的経済省が表示されたRp 4,111,437,568,000の基準額より、19.4%高い。

観光創造的経済大臣、Wishnutama Kusubandio氏によると、その予算は観光創造的経済セクターがコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の影響と戦っている為、観光創造的経済を興す政府に対する衆議院の支援を示すそうである。

「政府支出は世界的流行の間に経済を駆動する鍵の様相です。」と2020年9月24日(木)にAntaraから引用されたように、Kusubandio氏は述べた。

「その予算は数字に関してばかりではありませんが、どうやって政策が国民に直接に影響を与えるよう、実装されるかに関する事です。そして、それは我々に来年の回復に関する新しい希望を与えていきます」。

2021年予算の使途において、Kusubandio氏が観光創造的経済省は観光回復の奨励、観光創造的業界の品質発展、デジタル化とデジタル主権の奨励と言う3つ戦略プログラムに注力していくと語った。 (NR/MS)