【ジャカルタ】衆議院第8委員会は2021年の年予算に社会省の為のRp 92 trillionの基準額を承認した。

その予算は2020年9月23日(水)に衆議院第8委員会と社会大臣、Juliari Batubara氏の間の業務会議で決定された。

衆議院第8委員会副会長、Chair Ace Hasan Syadzily氏によると、社会省の2021年予算は特に、コロナウィルス(COVID-19)世界的流行の影響を受けられた国民の為、経済回復に対して指示される必要があるそうである。

「社会省のRp 92 trillionの2021年予算は経済回復や国民の便益に対して指示されなければなりません。」と衆議院の公式ウェブサイト上に公式声明にSyadzily氏は述べた。 (NR/MS)