【ジャカルタ】政府は二国間や多国間チャネルを通し、COVID-19のワクチンの入手可能を加速し続ける。それは2020年9月24日(木)にジャカルタで国営企業大臣兼COVID-19の取扱国家経済回復委員会の最高行政官、Erick Thohir氏が述べられた。

Erick氏が政府はPfizerやJohnson & JohnsonやNovafaxなど製薬会社との連携を探検していると語った。その努力はPT Biofarma and Sinovac、PT Kimia Farma Tbk (KAEF) and G42 UEA、Genexine、CanSino及びAstraZenecaと設立されていた連携を加え、行われる。

「COVAX Facilityの下にユニセフと多角的協調を加え、国民の為のワクチンの入手可能を加速する努力は正しい軌道にあります。」とErick氏は述べた。

Erick氏が戦略一歩や省庁と機関の間の整合はより塊状に広がるCOVID-19の世界的流行を見込む為、行われていると強調した。 (NR/LK/AR)