【ジャカルタ】財務大臣、Sri Mulyani Indrawati氏がインドネシア預金保険機構(IDIC)は進行中のコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間に金融セクターに掛けられた圧力を見込まなきゃいけないと語った。

それは2020年9月24日(木)に監査役会長としてPurbaya Yudhi Sadewa氏、Luky Alfirman氏、Destry Damayanti氏及びDidik Madiyono氏を含むインドネシア預金保険機構(IDIC)の新監査役会の就任でSri Mulyani氏が述べられた。

「情報技術によって、我々は遠近法を失わず、他国から情報やデータを得られます。そして、特に、銀行業セクター、我々の経済や金融システムの状況を詳細的に拝見する能力を持っております。」とSri Mulyani氏は述べた。

世界銀行の元専務がインドネシア預金保険機構(IDIC)は適切な政策を、金融システムに掛けられた圧力を対処する反応を発行出来なきゃいけないと語った。

「私は金融システムや銀行業セクターの安定性を維持する為、あなたの任務や使命を実行するよう、お願いします。又、起こる出来事に対して、より先へ進められるよう、今や過去だけではなく、これから先も拝見するあなたの能力を使用するよう、お願いします。」とSri Mulyani氏は完結した。 (NR/MS)