【ジャカルタ】PT Kereta Api Indonesia (Persero)はCOVID-19の世界的流行の最中に収入を増やす為、特急サービスに頼っていく。それは2020年9月28日(月)にジャカルタでPT Kereta Api Indonesia (Persero)の取締役社長、Didiek Hartaantyo氏が述べられた。

Hartaantyo氏がその特急サービスは安く、早く安全である列車を使用する貨物便サービスであると語った。「我々は顧客に直接に関するセクターに入ります。」とHartaantyo氏は述べた。

Hartaantyo氏によると、この一歩は列車の乗客数を低下させたCOVID-19の世界的流行の最中に発展に対するKAIの反応として取られたそうである。現在、列車の乗客数はその世界的流行の前、記録された乗客数の10%のみである。 (NR/LK/AR)