【アンボン】国営電気提供業者、PT PLN (Persero)はマルクの中部マルクリージェンシーのワアイにおけるアンボンピーカーガス機械発電所の運営を開始している。その発電所は30メガワットの容量を持っている。

2020年7月16日にエネルギー鉱物資源大臣、Arifin Tasrif氏が就任された。現在、その発電所はアンボンでほぼ50%の電気を提供する。そのプロジェクト発展はRp 234,008,116,774の投資額を掛かった。

「アンボンピーカーガス機械発電所の発展はアンボン島で毎年、平均9%伸びる電気需要を満たすPLNの戦略の一部です。」と2020年9月28日(月)に国営企業省のウェブサイト上に公式声明にPLNの最高経営責任者次長、Darmawan Prasodjo氏は述べた。

Prasodjo氏が政府の指示によって、その発電所は30%バイオディーゼルを含む環境にやさしいB30の燃料を利用すると語った。

「B30の利用は排出を減らし、発電所のエンジン発電の業績を評判な高速吸収性で増やしていきます。」とPrasodjo氏は付け加えた。 (NR/MS)