ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 282

-12 (-4,26%)

【ジャカルタ】PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は2020年9月15日に完成された株主割当発行の形に第2有限公募にRp 1.49 trillionを得た。

Acset Indonusaの最高経営責任者、Idot Supriadi氏がその資金はPT United Tractors Tbk (UNTR)への株主のローンを返済する為、使途されると語った。

「我々はこれが当社は皆の利害関係者に最高を提供出来るよう、当社の成長を支援出来るよう、願っております。」と2020年9月29日(火)にIDNFinancials.comが受取った公式声明にSupriadi氏は述べた。

その企業行動において、PT Karya Supra Perkasa (KSP)はスタンバイバイヤーとして活躍し、Acset Indonusaにおける株式を4,165,808,885株、64.84%に増やした。Acset Indonusaの7.12%はPT Cross Plus Indonesiaが、その残り28.04%は公共投資家が所有される。

2020年上半期、Acset IndonusaはRp 252.20 billion、前年比、37.6%低下した純損失を記録した。2020年上半期、その収入は前年比、51.8%減少した。

2020年9月頭、当社は西ジャワのマジャレンカにおけるケルタジャティ国際空港アクセス有料道路を建てる為、Rp 260 billionの契約額を得た。その有料道路の利権はPT Lintas Marga Sedayaが保持される。 (NR/MS)