ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 282

-12 (-4,26%)

【ジャカルタ】建築に従事するアストラグループの事業ユニット、PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は2020年9月末まで、Rp 260 billionの新規契約額を得た事を発表した。

ACSTの取締役社長、Idot Supriadi氏が今年、新規契約額はCOVID-19の世界的流行の為、かなり低かったと語った。「幾つかの入札はCOVID-19の為、延期されており、我々は既存の入札に参加する為、最高に努力しております。」とインドネシア証券取引所のウェブサイト上に公開された情報開示を通し、Supriadi氏は述べた。

Supriadi氏が当社は不動産セクターに従事する民間企業から入札に関する招待を受取らなかったと付け加えた。しかし、それは当社の新規契約額に影響を大きく与えない。「多くの所有者は最初の予定から入札を2021年まで、延期しております。」とSupriadi氏は付け加えた。

idnfinancials.comのデータによると、ACSTの収入は2020年上半期、Rp 748.75 billion、前年比、51.57%低下した。その為、同期、Rp 252.2 billionの損失を記録した。 (NR/KR/AR)