【ジャカルタ】PT Angkasa Pura I (Persero)又はAP Iが運営される15軒の空港トラフィックは2020年9月に27,009の動きに僅かに上昇し、26,362の動きの2020年8月に比べ、2.4%伸びた。

その上、2020年9月に貨物トラフィックは37,075,502キログラム、4.6%伸びたが、乗客トラフィックは1,853,378名、5.7%低下した。

「航空機トラフィック成長は国民が航空旅行と来たら、信頼を完全に復していないと見せる乗客トラフィック成長に伴っておりませんでした。」と2020年10月6日(火)に国営企業省のウェブサイト上に公式声明にAP Iの最高経営責任者、Faik Fahmi氏は述べた。 

「その上、ジャカルタの大規模社会的制限の実装は旅行に関して、公共に心理的影響を与えております」。

コロナウィルス(COVID-19)世界的流行の間に、当社は11軒の空港で一人当たりRp 85,000で迅速検査設備を提供する。その設備は新しい慣行期間に対する適応の間に航空機の乗客を手伝えるよう、期待される。 (NR/MS)