【ジャカルタ】Colliers International Indonesia (CII)が不動産会社はインドネシアの経済に与えられたCOVID-19の世界的流行の影響の為、事業や販売を拡張する事においてより保守的になると推定する。それは2020年10月13日(火)、ジャカルタでCIIの小売サービス担当上級重役、Sander Halsema氏が述べられた。

Sander氏によると、現行の状態は不況が引き起こされた低い需要の為、モダンショップやモールにある地域より、顧客にとって簡単に行ける地域にある物件を販売する小売者を奨励するそうである。

「顧客が全般的支出を削減することにした為、不況は顧客にとって良い事ではありません。」とSander氏は述べた。 (NR/LK/AR)