【ジャカルタ】部分的にCOVID-19の世界的流行の為、塊状な低下を被っているにもかかわらず、下がった総合株価指数(JCI)はアセアン地域における幾つかの指数に比べ、そんなに悪くない。

金融庁(OJK)の資本市場監修の最高行政官、Hoesen氏が2020年10月19日(月)まで、STI指数(シンガポール)は年度の頭から本日まで、21.06%低下した。そして、PSEI指数(フィリピン)は年度の頭から本日まで、22.98%減少し、23.41%低下したSET指数(タイ)が続いた。一方、総合株価指数(JCI)は18.62%のみ低下したと2020年10月2日(火)に資本市場サミット・博覧会2020セミナーで語った。

Hoesen氏が総合株価指数(JCI)の最低ポイントは2020年3月に3,937を記録されたと語った。それ以来、それは2020年10月19日(月)まで、5,126の現行の位置に徐々に向上してきた。

又、Hoesen氏が45会社は2020年に株式公開の有効声明を得ており、その総放出額はRp 7.1 trillionに及んだと明らかにした。 (NR/AM/AR)