【ジャカルタ】PT Angkasa Pura (Persero) IIが乗客サービス料又は空港税率に関する刺激は航空の乗客の動きを、国内線の頻度を増やすと断言する。

PT Angkasa Pura (Persero) IIの取締役社長、Muhamad Awaluddin氏がその刺激は非常に積極的で、切符代を安くさせる為、多くの人々を手伝えると本日(2020年10月23日)、声明に述べた。

Awaluddin氏が乗客の切符に追加される乗客サービス料は価値的に様々であると説明した。セカルノ−ハッタ空港の第2と3ターミナルの出発乗客向けの乗客サービス料は夫れ夫れ一人当たりRp 85,000とRp 130,000である一方で、ハリムペルダナクスマ空港では一人当たりRp 50,000である。

Awaluddin氏によると、その乗客サービス料の刺激は2020年10月23日(金)〜12月31日、国内線を行う顧客に政府が与えられるそうである。Awaluddin氏がAngkasa Pura IIは政府からの乗客サービス料支払いを貰っていると語った。「この刺激政策は空港の乗客の動きを、稼働率も増やしていきます。」とAwaluddin氏は述べた。 (NR/LK/AR)