【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年10月23日)最初の取引セッションの終わりに5,102.16、0.2%、10.35ポイント伸びた。それは5,091.81終値の前日後、本日、5,091.81〜5,120.61の範囲内に動きを見せた。

本日の最初の取引セッションに低迷した2つセクターはインフラセクターと基礎産業セクターであった。その残り8つセクターは強化し、最大に伸びたセクターは不動産セクターに発生した。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップゲイナーはPT Bank Tabungan Negara Tbk (BBTN)、PT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE)及びPT Surya Citra Media Tbk (SCMA)であった。 (NR/LM)