【ジャカルタ】PT Industri Kereta Api (Persero)又はINKAはバリの地場有企業(BUMD)とバリで電力輸送モードを発展する計画である。

INKAの取締役社長、Budi Noviantoro氏が当社はバリの地場有企業(BUMD)としてPerusdaとの了解覚書(MoU)に締結したと語った。その協定によって、当社とPerusda Baliは電力輸送システムを発展していく。

「将来的に、INKAとPerusda Baliはその輸送システムを発展し、運営する為、合弁会社を設立していきます。」と本日、Noviantoro氏はプレスリリースに述べた。

しかし、Noviantoro氏がその合弁会社の設立はフィージビリティースタディーやその他の必要とされる検討の後、決定されると強調した。その後、INKAとPerusda Baliはその協調を実現する為、イスラム開発銀行から金融支援を使途していく。 (NR/KR/AR)