【ジャカルタ】インドネシアの電車の運営業者、PT Kereta Api Indonesia (Persero)又はKAIは2020年10月27日〜11月1日の長い週末の間に急上昇する乗客を見込む為、57の経路を加えた。

その追加の経路は448の既存の経路に加えていく。「KAIは追加経路を加えることにより顧客を仕える準備が出来ております。そのように、より多くの顧客は電車旅行を楽しむことが出来ます。」とプレスリリースを通し、KAIの広報副社長、Joni Martinus氏は述べた。

57の追加経路によって、KAIの経営陣が2020年10月27日〜11月1日、利用出来る空席は221,193席があると推定する。

それでも、KAIは駅周辺や車内に広がるCOVID-19を防止する為、保健プロトコルを適用している。KAIの経営陣は診療所や病院からCOVID-19の検査結果を見せるよう、乗客予定者に要求している。「KAIは旅の間に距離を維持する為、利用出来る空席収容の70%のみを販売します。」とMartinus氏は説明した。 (NR/KR/AR)