【ジャカルタ】PT Angkasa Pura I (Persero)又はAP Iが運営される6軒の空港は2020年10月23日〜12月31日の切符購入の為、航空乗客サービス料を通し、刺激を貰った。

その6軒の空港は中部ジャワのスマランにおけるアフマドヤニ国際空港、ジョグジャカルタのクロンプロゴにおけるジョグジャカルタ国際空港、バリ島のデンパサールにおけるイグスティングラライ国際空港、西ヌサテンガラのロンボクにオケルロンボク国際空港及び北スラウェシのマナドにおけるサムラトゥランギ国際空港である。

その施策は2020年10月22日(木)にAP Iと運輸省の空輸総局が締結された了解覚書(MoU)を通し、作られた。

「空港の運営業者として、会社は特に、COVID-19の世界的流行の影響を大きく受けた航空業界にとって、経済回復を加速する努力に関して大変感謝しております。」とAP Iの最高経営責任者、Faik Fahmi氏は2020年10月22日(木)に国営企業省のウェブサイト上に公開声明に述べた。

2020年9月30日まで、AP Iが運営される15軒の空港は24,560,143名のみの乗客を仕え、61,159,240の2019年に比べ、58%低下した。その上、航空交通は568,514の動きの2019年に比べ、308,669の動き、45%減少した。 (NR/MS)