【デンパサール】PT Industri Kereta Api (Persero)又はINKAはバリ島における都市輸送システムの発展に関して、バリ州政府が所有される地方有企業、Perusda Baliとの了解覚書(MoU)に締結した。

INKAの最高経営責任者、Budi Noviantoro氏によると、INKAとPerusda Baliはクタ、サヌール、ウブド、グナクサバリ文化センターを含み、電気系輸送ループ系統を発展していくそうである。

「PT INKA (Persero)とPerusda Baliは電車や電動バスを含む電池式都市交通系統を発展していきます。」とNoviantoro氏は2020年10月23日(金)に国営企業省のウェブサイト上に公式声明に述べた。

「これから先、PT INKA (Persero)とPerusda Baliはその計画された交通系統を発展し、運営する為、合弁会社を設立していきます」。

Noviantoro氏がそのプロジェクトはサウジアラビアのジェッダのイスラム開発銀行が部分的に資金を提供されると語った。その了解覚書(MoU)の締結はIsDBのインドネシアの運営チームリーダー、Omar Eddie Davis氏も出席された。 (NR/MS)