【ジャカルタ】エネルギー鉱物資源省が上流石油ガスセクターの国庫の歳入は2020年9月まで、Rp 6.99 billionを記録され、強化するインドネシア原油価格が支援されたと報告した。

エネルギー鉱物資源省の通信局長、Agung Pribadi氏が9月末までの平均インドネシア原油価格はバレル当たりUS$ 42を記録され、修正された2020年国家予算におけるバレル当たりUS$ 38の仮定より、10.53%高かったと語った。

これまで、インドネシア政府が2020年末までの上流石油ガスセクターの国庫の歳入はUS$ 7.21 billionに及ぶと推定する。それはCOVID-19の世界的流行の第二波を了察した後、上流オイルガス事業活動特務タスクフォース(SKK Migas)が行われた。

「COVID-19の世界的流行の第二波の為、世界的の石油需要は未だに不安定です。」と上流オイルガス事業活動特務タスクフォース(SKK Migas)の所長、Dwi Soetjipto氏は述べた。 (NR/KR/AR)