【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年11月10日)の最初の取引セッションの終わりに5,438.79、82.78ポイント、1.55%伸びた。

Kontanが報告されたように、157株が上昇し、178株が低下し、157株が沈滞した。その総取引量は93億株に、その取引額はRp 8.55 trillionに及んだ。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップゲイナーはPT Bank BTPN Syariah Tbk (BTPS)、PT Pakuwon Jati Tbk (PWON)及びPT Indocement Tunggal Prakasa Tbk (INTP)であった。 (NR/LM)