【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年11月13日)の最初の取引セッションの終わりに5,431.89、0.49%、26.71ポイント低下した。それは5,458.60終値の前日後、本日、5,428.06〜5,460.73の範囲内に動きを見せた。

農業セクターは最初の取引セッションに生き残ったセクターのみであった。その残り9つセクターは低迷し、指数を下落させた。

本日の最初の取引セッションのLQ45トップ出遅れ株はPT Telekomunikasi Indonesia Tbk (TLKM)、PT Astra International Tbk (ASII)及びPT Sri Rejeki Isman Tbk (SRIL)であった。 (NR/LM)