MTRA - PT. Mitra Pemuda Tbk

Rp 244

0 (0%)

【ジャカルタ】インドネシア証券取引所(IDX)は本日(2020年11月17日)の最初の取引セッションにPT Mitra Pemuda Tbk (MTRA)の株式取引を一時的に停止する。それは先週(2020年11月9日)、Qingjian International (South Pacific) Group Developmentと共同運営会社、CNQC-MTRA JOに関して、中部ジャカルタ地方裁判所から倒産評決に関連している。

「我々はPT Mitra Pemuda TbkとQingjian International (South Pacific) Group Development (CNQC-MTRA-JO)の共同運営は倒産されていると2020年11月9日に中部ジャカルタ地方裁判所が宣言されたと明らかに出来ます。」とインドネシア証券取引所(IDX)の企業査定課長、Adi Pratomo Aryanto氏とその売買規制・営業課長、Irvan Susandy氏が調印された情報開示から引用された。MTRAの株式取引を停止する理由の一つは中部ジャカルタ商務裁判所でその法的問題の報告であった。

CNQC-MTRA JOはPT Logos Indonesia Bekasi One (LIBO)が所有されるブカシにおける建物建築プロジェクトに作業する為、生成された共同運営である。主要な請負業者として、この会社はLIBOの勧めでPT Grama Bazita (GB)に電気や給排水工事を下請けした。

GBは2018年8月〜2019年8月の予定された期間以内にそのプロジェクトの77.99%のみを完成した。そのプロジェクトの遅延の為、CNQC-MTRA JOはIDR 75.06 billionを損失し、インドネシア全国仲裁人団に法的救済を提出することによりGBに責任を取ってもらった。同時に、GBは債務支払い(PKPU)の延期申込を提出した。 (NR/LK/VA)