ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.375

-50 (-0,92%)

【ジャカルタ】PT Astra International Tbk (ASII)は26.41千台に及んだ国内市場の車売上を発表し、それは2020年6月以降、最高であった。

idnfinancials.comが貰った公式声明において、ASIIの経営陣が当社の車売上数は2020年10月の間に26,410台に及び、2020年9月に比べ、2.31%伸びたと語った。

ASIIの会社通信担当所長、Boy Kelana Soebroto氏が当社にとってその車売上は一貫して増加していたと語った。「我々はこの増加が2020年第4四半期に持続出来るよう、願っております。よって、他のセクターにとって積極的な触媒となれ、国家経済回復を素早く役に立てます。」とSoebroto氏はidnfinancials.comに述べた。

詳細的に、2020年10月の間に国内市場におけるASIIの車売上は16,419台を売却したトヨタが支配された。ダイハツは8,289台を、イスズは1,634台を、UDトラックは59台を、プジョーは9台を売却した。

インドネシア自動車産業協会(Association of Indonesian Automotive Industries/Gaikindo)のデータによると、2020年10月に売却されたASIIの全車数の7,394台は低コスト環境にやさしい車(LCGC)であった。一方、当社製以外車売上は22,633台を記録された。

全体的に、ASIIは未だに国内の自動車の市場占有率の53%を支配している。その上、2020年10月の間に73%を持っているその低コスト環境にやさしい車(LCGC)の市場占有率はインドネシアの最大であった。 (NR/KR/VA)