ロンボク-国営空港運営会社PTAngkasa Pura I(Persero)またはAP Iは、2021年のマンダリカでのMotoGPバイクレースの開催をサポートするために、西ヌサテンガラのロンボクにあるロンボクプラヤ国際空港を拡張しています。

この拡張には、ワイドボディ機に対応するための空港の滑走路の2,750mから3,300mへの拡張と強化が含まれます。旅客ターミナルの拡張は年間700万人の乗客を収容し、エプロンは108,100m2から136,300m2に拡張されます。

AP IのCEO、Faik Fahmiによると、2020年11月15日の時点で、旅客ターミナルの拡張の進捗は62%に達しました。

「アンカサプラIは、2021年のMotoGPレースの開催地としてのマンダリカ経済特区の拡大と、国際線が国営企業省のウェブサイトでの公式声明の中で、ファーミ氏は日曜日(22/11)に述べた。 (MS / PW)